よくあるご質問(FAQ)

コース内容と修了要件について

Q.修了するために必要なことはなんですか?

A.トップエスイーコースは,講義科目を受講し,10単位(15コマの科目は2単位,7〜8コマの科目は1単位です)取得することと,「ソフトウェア開発実践演習」に合格することの2つが必要です.なお,「トップエスイー」の他に「トップエスイーアソシエート」という修了基準があり,こちらは10単位を取得することで修了となります.アドバンス・トップエスイーコースは,「最先端ソフトウェア工学ゼミ」および「プロフェッショナルスタディ」に合格することが必要です.なお,講義科目の単位は修了要件とはしていません.

Q.修了までにはどの位の時間がかかるのでしょうか?

A.4月から翌年3月31日までの1年間です.ただし,先端講義は隔年開講のため,在籍する年度の講義科目に加えて,翌年度の先端講義も履修できます.在籍する年度の期間内に修了要件を満たすことが求められます.ただし,半年単位で受講期間を延長することが可能です(有料).

Q.トップエスイーは本当に役に立つのですか?

A.トップページの最後の方にある受講者が感じた受講効果やコメントをご覧ください.また,受講生座談会の内容や,代表の本位田真一へのインタビューをご覧いただくと,実際にどのような教育プログラムを展開し,受講することでどんな利点があるのかを理解していただけるものと存じます.

Q.これまではソフトウェア技術者は開発することに注力してきましたが,新しいビジネスを創出する場合のソフトウェアの役割は何かを経営層から問われています.それはツール,(ソフトウェア開発)手法,あるいは考え方のフレームワークか,など知見が求められています.

A.技術の進展が,ビジネスの形態を変え,同時に新たなビジネスを創出していることは今の状況から明らかです.AIはひとつの例として挙げられるでしょう.技術者としての役割が広がったとしても,基礎的な技術を身に付ける必要性は以前も将来も変わらないと考えます.ソフトウェア工学の基礎をマスターした上で,修了生がビジネス展開に貢献できるようになることは,トップエスイーのミッションとしても強く意識をしています.

Q.受講をしたいのですが,受講料を支払う金銭的余裕がありません.なにか方法はないでしょうか?

A.トップエスイーコースの場合だと最低10単位が必要になり,講義時間の累計でも約113時間となります.これに加えて,「ソフトウェア開発実践演習」は36時間程度の講義に相当すると推定されるので,150時間ほどの教育の機会が提供されることになります.こうした充実したプログラムを考慮すると,非常に安価な設定となっていることはご理解ください.アドバンス・トップエスイーコースだと,講師と1対1で行う「プロフェッショナルスタディ」や,グループで取り組む「最先端ソフトウェア工学ゼミ」が1年に渡り実施されることになり,実問題の解決を目指す内容であることも加えてこちらも非常に安価な設定となっていることはご理解ください.
その上で,まず,企業にご所属の場合には,会社の教育受講等の費用で受講できないかご検討ください.多くの方がこの形で受講されています.ご紹介いただければ,上司の方などにトップエスイーについてのご説明に伺うこともいたします.なお,ご所属の企業がすでに協賛企業になっている場合には受講のための仕組みがあることが多いので,担当の方にご相談ください.担当の方が不明の際は,トップエスイープロジェクト事務局にお問い合わせください.

Q.派遣する社員の技術分野が違うとトップエスイー受講についていくのが辛いと聞いているが,どうでしょうか?

A.トップエスイー修了生は,皆さん,トップエスイー受講は大変だったとおっしゃっています.しかしながら,同時に達成感があったともおっしゃっています.情報系の学部・学科・専攻を卒業・修了していない受講生もいらっしゃいます.文系出身の受講生でも実務に携わっているのであれば,講義についていけないことはありません.受講は大変でも大きな達成感を得られると確信しています.

Q.受講生のレベルは以前に比べて変わりましたか?

A. トップエスイー発足当初は研究系の社員が受講生でありましたが,現在は,現業部門から受講生が来るので,問題分析と課題設定,定量評価などの方法に慣れていない傾向があることは認識しています.

Q.トップエスイー受講の前提条件はどのようなものでしょうか?

A. ソフトウェア開発の業務経験を前提としています.

Q.トップエスイーの教育プログラムは修士1年相当と理解しているが,いかがでしょうか?

A.そのような理解で結構ですが,大学と異なることは実務に近いことを講義でとりあげるので,企業の受講生にはメリットが大きいでしょう.受講生は教科書的な答えを求めているわけではないので,それに応えられる講師陣を擁しています.

Q.アーキテクトは何を社内に投げかけるのでしょうか?最近はこれまで開発してきたソフトウェア資産をリファクタリングするニーズがあり,それに応えられるアーキテクトというのもあると考えます.新規システムのアーキテクチャを考えるアーキテクトがこれまでのアーキテクトであると考えますが,解析系の技術を持つリファクタリングのアーキテクトが必要であるとも思ういます.しかしながら,どのように育成していくべきか分かりません.

A.トップエスイーのアーキテクチャ系の科目を履修しましょう.パターン,コンポーネント,アスペクトなどの技術を使いこなせることが第一ステップと考えます.

Q.これからの人材育成にはトップエスイーはよくできた(ソフトウェア工学教育)パッケージであると思っています.広い範囲をカバーしています.しかし,上流工程の考え方がレガシーであるように感じます.トップエスイーが提供する要求工学はアジャイル開発における要求の扱いについて限界があるのではないかとも思われます.工学というものでもないと感じることもあります.UXなどを扱うことを考えているでしょうか?

A.モデリングはどの行程でも重要であると認識しています.また,UXを研究テーマとして取り組んでいる教員もいるので,それを講義あるいはソフトウェア開発実践演習の中に取り入れることを試みる予定です.

アドバンス・トップエスイーコースに関して

Q.トップエスイーコースとアドバンス・トップエスイーコースの違いは何ですか?

A.「トップエスイーコース」はソフトウェア工学を基礎から先端まで体系的に学習できるプログラムです.「アドバンス・トップエスイーコース」は現場での問題の分析,その解決策を立案し,最先端の技術を駆使して課題の解決を図り,結果を評価・現場へ展開する一連のプロセスに取り組むことで,難度の高い先端課題を解決するスキルを獲得する人材育成コースです.受講される方ご自身の目的に応じてお選びください.

Q.アドバンス・トップエスイーコースを受講するにはトップエスイーコースを修了している必要がありますか?

A.アドバンス・トップエスイーコースの受講要件に,トップエスイー修了は求めていません.修了していない方の場合は,講義の履修も望まれると思われますので,講義はいずれのコースでも履修できるようにしました.また,トップエスイーコースを修了した方は,「最先端ソフトウェア工学ゼミ」および「プロフェッショナルスタディ」に専念できますが,もちろん必要に応じ,トップエスイー在学中に受講していない講義を受講できます.

Q.トップエスイーコースに加えてアドバンス・トップエスイーコースが2017年に開講されたのですが,従来のトップエスイーとの違いは何ですか?

A.従来のトップエスイーコースには修了制作という実践演習の課題がございました.3ヶ月の中で,現場の問題をトップエスイーで学んだ技術を適用して,解決するプログラムです.しかし現場の複雑な問題を掘り下げ,学んだ技術の適用を探ることに多くの時間を要し,課題の解決と評価が思うようにできていない現状を鑑み,受講生がより大きな達成感を得ていただけるように,修了制作を,予め取り組みの手順が分かっている課題をグループで「ソフトウェア開発実践演習」に変更しました.グループで取り組むことで,より多くの知見を共有できることを期待しております.他方,現場の問題解決に取り組むことを希望される受講生も多くいらっしゃるので,現場での問題の分析,その解決策を立案し,最先端の技術を駆使して課題の解決を図り,結果を評価・現場へ展開する一連のプロセスに取り組む,アドバンス・トップエスイーコースを開講しました.

Q.アドバンス・トップエスイーコースの受講生は時間の工面に苦労するように思われますが,いかがでしょうか?

A.国立情報学研究所に講義を受けに来るのは木曜日のソフトウェア工学ゼミのみであり,プロフェショナルスタディは指導教員との間でディスカッションの時間を決めているので,時間の制約はさほど多くありません.また,科目の単位取得を修了要件にしていないので,無理なく受講できています.

Q.アドバンス・トップエスイーの講義内容はどのようなものでしょうか?

A.アドバンス・トップエスイーコースは,講義よりも,講師と受講生が1対1で取り組む「プロフェッショナルスタディ」と,数人の受講生がゼミ形式で知識を高める「先端ソフトウェア工学ゼミ」が中心となります.希望があれば,トップエスイーコースのすべての講義を受けることは可能です.

Q.トップエスイーは以前に比べて簡単になったのでしょうか?

A.研究部門以外の事業部門など,いろいろな事業経験の方が受講するようになってきています.研究開発に馴染みがない方の場合,以前の修了制作のようなテーマを自分で決めるという作業に時間がかかってしまうこともあり,そうした作業に慣れていない方でも実践的な能力が身につくように,講師がテーマを設定する「ソフトウェア実践開発演習」を必須科目として設定しました.その結果,上位の方の満足度を上げる必要があると認識し,アドバンス・トップエスイーを新たに起こした.アドバンス・トップエスイーには若手を対象にして取り組みのテーマを設定したいと考えています.

Q.アドバンス・トップエスイーコースの受講は,トップエスイーコースに比べ時間の負担が大きいように思えます

A. アドバンス・トップエスイーコースは講義科目の履修が必須ではありません.ゼミとプロフェショナルスタディのみで,スタディは受講生に時間の裁量があるので,負担が多くなることはないと考えます.

Q.アドバンス・トップエスイーコースの受講生は忙しいのでしょうか?

A.最先端ソフトウェア工学ゼミは必須なので,毎週木曜日には国立情報学研究所に受講にこなければなりませんが,プロフェショナルスタディは適宜指導教員と打ち合わせを行っているので,時間の制約は少ないと言えます.アドバンス・トップエスイーコースは,科目履修は修了要件ではないので,殆どの受講生は必要最低限の講義しか受講していないので,トップエスイーコース受講生と負担は変わらないと考えます.

ソフトウェア実践開発演習に関して

Q.修了制作から「ソフトウェア開発実践演習」へと変わったが,違いは何ですか?

A.これまでの修了制作では問題の分析に時間を要し,取り組みテーマを決めるのに1ヶ月程度かかっていまた.実作業を1ヶ月程度すすめるとすでに残り1ヶ月となってまとめの時期になり,受講生から達成感がないという感想がありました.2017年度からは,ソフトウェア開発実践演習という科目名に変えて,演習課題を講師が提示し,9月開始時には問題の分析が終わり,実作業を始められるようにしました.年末あるいは年度末には事業部の方は(納期に追われ)極めて忙しくなるので,9月開始とし12月末までに終わる予定としました.

Q.修了生から,業務が忙しく修了制作は大変との声を聞いている.

A.修了制作に相当するのは現在は「ソフトウェア開発実践演習」です.この科目は,8月初旬に説明会を行い,9月の演習開始時には,テーマの取り組みの作業を具体化し,正味3ヶ月で演習課題解決の取り組みと評価を行い,12月で終了できるようにしたので,達成感が大きいことを期待しています.

Q.修了制作では,テーマを決めるのに時間がかかっている印象を持っています.2017年度から修了制作はなくなったのでしょうか?

A.修了制作では,テーマを決めて問題を分析するまでに1ヶ月ほどかかり,問題解決の取り組みの1ヶ月,最後の1ヶ月で発表準備をするような状況で,(受講生から)達成感が得られないという感想がありました.終了制作は,2017年度よりソフトウェア実践開発演習となりました.テーマを教員が提示して受講生のグループでそのテーマに取り組ようにしました.

Q.ソフトウェア開発実践演習,プロフェショナルスタディでは,サーバプログラムのスケーラビリティを評価したいのですが,そのような環境はありますか?

A.国立情報学研究所が運営する教育用のクラウドを使用することができます.自由度の高い環境ですので,ご質問のような利用の仕方の他,クラウド基盤自体をテーマにすることも可能です.

申し込みや一般的なことについて

Q.トップエスイー受講の可否を決める試験は,難しいですか?倍率はどのくらいですか?

A.トップエスイーを受講するために必要な基本的な能力を備えていらっしゃるか確認する試験を行います.IT関係の仕事を数年経験されている方や情報系の大学を卒業された方で,日本語のコミュニケーション能力が十分であれば,合格するレベルです.筆記試験は,情報数学,モデリング,プログラミング言語(Java)を含むソフトウェア工学一般からの問題で,試験時間は90分です.口述試問は,志望動機などを伺うもので,一般的な面接と考えてください.最長で30分程度です.

Q.受講申込の際の成績証明書は,最終学歴の分だけでよいのですか?

A. 学部,修士,博士の学位の卒業・修了・取得の該当するものをご用意ください.それ以外の場合は,事務局にお問い合わせください.

Q.トップエスイーを修了した人は何人くらいいますか?

A.第1期から第11期まで,347名の方が修了されました(2017年7月現在).第12期も45名がトップエスイーコースとアドバンス・トップエスイーコースに在籍して,勉強していらっしゃいます.修了される見込みです.詳しくは統計データのページをご覧ください.

Q.受講生の職種はどうなっていますか?

A.12期生(2107年度)は,研究・開発部門に所属される方が9%で,技術部門の方が36%,事業部門が51%で,全体的には現業部門に所属される受講生が多数を占めております.

Q.受講生はどのような部門に所属していますか?

A. 研究部門より技術やシステム開発の事業部門の受講生が多い傾向があります.

Q.年齢制限はありますか?

A.ございません.

Q.受講生はどのくらいの年齢の人が多いですか?

A. 20代と 30代の方が90%を占めますが,40代以上の方も数%いらっしゃいます.

Q.受講生の年代はどれくらいでしょうか?

A. 入社5年から10年目の方が中心で,30代初めから後半の年代の方が70%を占めています.

Q.アドバンス・トップエスイー受講生の年齢層と所属はどうなっていますか?

A. アドバンス・トップエスイー受講生はトップエスイー受講生より平均して若い傾向にあります.

Q.このウェブサイトのページにリンクを張っても良いですか?

A.トップエスイーのWebサイトはリンクフリーです.どのページにもご自由にリンクをはっていただいて構いません.ただし,サイト構成の変更に伴ってURLが変わることがありますので,ご承知おきください.その場合でも,トップページのURLhttp://www.topse.jp/ は,できるだけ変更の無いように努力いたします.リンクに際してご連絡の必要はありませんが,事務局までメールでご一報いただければ,たいへんありがたく思います.

Q.受講生への修了後のフォローアップはありますか?

A.折角の新技術を学ぶ習慣が付き,同業他社の受講生との交流を通して生きた情報に触れ,人脈形成の機会もできたことは受講生にとり財産であるので,1年間のトップエスイー受講の終わりで財産を無にしてはもったいないと考えています.そこで,勉強会やセミナーの開催を企画したり,同期のメンバで集まる機会を持てるようにしています.

講義に関して

Q.講義スケジュールはどうなっていますか?

A. 社会人の方が受講しやすいように,月曜日から金曜日は,18時20分から授業を開始し,休憩を挟み21時30分に終了します.各科目は15コマまたは8,7コマからなり,原則として毎週1回実施し,1〜2ヶ月程度で終了します.1日に4コマずつ進める集中講義の形態もあります.

Q.トップエスイーの受講は夜間コースでしょうか?

A.多くの講義は夜間の時間帯に開催されますが,土曜日あるいは平日の昼間に行っている講義もあります.

Q.どのような講義がおこなわれますか?

A.講義のページから今年度のカリキュラム概要や現在開講している講義のシラバスが入手できます.演習を主体とした講義が中心になっており,かつ出題されるレポート課題を各自しっかりやっていただくことで実践的なノウハウが修得できます.

Q.講義はどこで行われますか?

A.東京の国立情報学研究所において行われます.最寄り駅は,東京メトロ東西線竹橋,あるいは都営三田線・新宿線・東京メトロ半蔵門線の神保町 (アクセス) です.

Q.講師はどのような方たちですか?

A.国立情報学研究所に所属する研究者,他大学の教員,協力企業の研究者が講師です.トップエスイー講師一覧をご覧ください.

Q.遠隔で申し込むと遠隔受講しかできないのですか?

A. 遠隔受講の方でも,出張などで東京に来る機会を利用して国立情報学研究所で受講できます.

Q.特定の日だけの遠隔受講はできないのですか?

A.遠隔として申し込みをしなかった方も,事前に申請していただくことで(18:20より開始する講義の場合は当日の正午までが原則),特定の日だけ遠隔で受講することは可能です.

Q.本プログラムを修了すると学位が授与されますか?

A. トップエスイーは学位を授与しておりません.コース修了認定証を発行します.

Q.トップエスイーで取得した単位を他大学の単位として認定してもらうことはできますか?

A.電気通信大学大学院,北陸先端科学技術大学院大学(JAIST),情報セキュリティ大学院大学(IISEC)とトップエスイーは,相互に協力する関係にあります.各々の大学院に入学した際,過去にトップエスイーで取得した単位が,その大学院の単位として認定されることがあります.トップエスイー受講生はIISECの一部の科目を履修することができ,合格すればトップエスイーの単位として認定されます.また,JAISTの一部の科目を聴講することができます.認定される条件など詳細につきましては,トップエスイープロジェクト事務局までお問い合わせください.大学院との連携についてはこちらのページを参照ください.

Q.現在の科目以外に開講する予定の科目はありませんか?

A.トップエスイーでは,最新技術を習得していただけるよう,常に講義科目の見直しを行っています.講義科目のご要望とも合わせて新規科目開設の予定をお問い合わせください.また,先端的な領域を学習するための『トップエスイーセミナー』もテーマごとに個別に開いています.

Q.講義はどのような教室で行われますか?

A..最新の設備を備えた講義室edubase Spaceを使用します.グループディスカッションが円滑に行われるように,プロジェクタや大型ディスプレイが10台,投影可能なホワイトボードなどが用意されています.

Q.講義で使用するツールなどは,自分でインストールしなくてはいけないのですか?

A.講義室には,受講生の人数分のWindowsクライアントを用意しています.必要なツールはすべてクライアントにインストールされています.また,この環境にはリモートアクセスもできますので,自宅から利用することも可能です.もちろん,ご自身のPCにツール類をインストールして講義に臨むことも可能です.

Q.業務都合で欠席してしまった場合はどうすればよいでしょうか?

A. 講義はすべてビデオ撮影しており,講義期間中,受講生は視聴が可能です.復習や止むを得ず欠席された場合は,ビデオを視聴し自習できます.また,講義資料は,Web経由でダウンロードできます.

Q.先端講義の一部は翌年度に受けられるということですが,その講義単位はトップエスイーの修了要件には含めることはできないということでしょうか?(2017年度受講生のみ)

A.トップエスイーコース修了要件は受講年度内に,受講科目10単位以上を取得し,ソフトウェア開発実践演習に合格することです.ソフトウェア開発実践演習を受講年度にて合格していて,次年度に隔年開講講義を受講した結果,10単位を取得できた場合は,修了要件に含めます.

Q.興味を引かれる科目がいくつかあるのですが,1年間通して時間を確保するのは困難です.部分的に受講できませんか?

A.トップエスイーコースあるいはアドバンス・トップエスイーコースを受講せず,任意の科目を選択し受講できます.この「科目単位受講」についての詳細は事務局までお問い合わせください.